ハイフィン・レッド・ワグ・プラティ

ハイフィン・レッド・ワグ・プラティ
水温、pHは最適な値と共に、()の中にある値は飼育可能な適応範囲を表しています。
熱帯魚は生き物ですので、数値はあくまで参考程度としてお考えください。
ハイフィン・レッド・ワグ・プラティはベースとなるレッド・プラティにハイフィン・タイプとワグ・タイプを組み合わせた改良品種です。 ワグプラティは鰭が黒く染まる品種の呼び名で、ハイフィンタイプのプラティはバリアタスとの交配により作り出された品種で雌雄ともに背鰭が伸長します。  プラティは別名ムーンフィッシュと呼ばれ、グッピーなどと同様、メスは稚魚を産み落とす繁殖形態のため、 水槽内に自然に稚魚が生まれることの多い最も繁殖が容易な魚の1つと言えます。
原種はやや低い水温を好む種類ではありますが、改良品種の多くは東南アジアで養殖されており、 30度を超えるような水温でもまったく問題なく飼育することができます。 あまり低いpHは好まない為、pHが下がりやすいような場合は水換えの回数を増やしたり、サンゴ砂などを用いると良いでしょう。餌も糸ミミズやミジンコなどの活餌や冷凍飼料からフレークフードのような人工飼料まで何でもよく食べます。 性格も温和でサイズを合わせて飼育すればさまざまな魚との混泳を楽しむことが可能です。



熱帯魚写真館 > メダカの仲間 > メダカ プラティの仲間 > ハイフィン・レッド・ワグ・プラティ

■参考文献・資料(資料を元に熱帯魚の飼育に役立つデータを追加・編集して掲載) 緑書房:熱帯魚繁殖大鑑/新熱帯魚入門/月刊フィッシュマガジン エムピージェイ:世界のナマズ/月刊アクアライフ 他 ピーシーズ:熱帯魚水草2100種図鑑/プレコニアNo.1・2/アクアウェーブ WEBサイト:FishBase/PlanetCatfish/Allabout熱帯魚/コリドラス大好き ■ご注意 掲載内容及び写真(画像)の著作権はオオツカ熱帯魚 大塚 慎太郎に帰属します。  無断で転載を行った場合は著作権法により個人・法人問わずに処罰の対象となります。  ホームページなどに転載をご希望の方にはホームページへのリンクなど、 条件付きながら画像の貸し出しにも応じておりますのでメールにてご相談下さい。■免責事項 当サイトのデータは多くの角度から調査の上で掲載しておりますが、実際の飼育経験に基く独断と偏見を含んでいるものであり、その信憑性を保証いたしません。  本サイトを利用する場合、自己責任で行い、利用の結果生じた損害について一切責任を負わない事を了承の上でご利用ください。